投稿日:

2016年☆大相撲夏場所のふりかえり!

s_PicsArt_05-26-04.22.58

あっ という間に終わった夏場所。。。

今場所も熱戦がたくさんあり、力士の皆さんから感動と元気を貰いましたね。

3つのポイントで夏場所をふりかえります☆

 

s_DSC05053

 

①今場所最大の注目ポイント「大関・稀勢の里」の勝敗は??

 

何と言っても、大関・稀勢の里関の優勝&綱とりなるか!?(大関が横綱の地位をねらうこと)が最大の注目ポイントでした。

12日目まで、横綱・白鵬関となんと全勝で並び、

13日目に迎えた直接対決!!

…めちゃくちゃ興奮しましたね!

 

結果はやっぱり、横綱は強かった…!

横綱・白鵬関の勝ち。

 

結局、その後も星を落とし、綱とりは来場所に持ち越しとなりました。

しかし、ここ数場所で稀勢の里関は何か変わったように思います。

 

以前は、仕切りの時に落ち着きなく瞬きをしていたのが、最近は落ち着いているというか…ちょっと安心して見ていられるようになりました☆

日本人横綱に最も近い力士として、日本中の期待を背負っていると言っても過言ではない稀勢の里関。

そのプレッシャーは半端なものではないと思いますが、来場所にぜひ、夢を実現させて欲しいと思います!

 

 

②「魁聖」新三役で勝ち越し☆

 

DSC02591

▲魁聖関

 

場所前の見どころとしてご紹介した、ブラジル出身力士の魁聖関がやってくれました!

新三役で勝ち越し!!来場所は新関脇か!?

SUMO JAPANでは来場所も魁聖関に注目していきます!

 

 

 

③来場所の新十両と期待の力士☆

 

 s_DSC04949

 

最終日の千秋楽から3日後に行われるのが、来場所の番付編成会議です。

そこで、今回の夏場所での成績から、新十両が2人誕生が決まりました!

SUMO JAPANも注目していた、大輝(八角部屋)濱口改め志摩ノ海(木瀬部屋)です。

大輝は御嶽海関宇良関と同期の期待の若手です。

濱口は期待されながらもケガをし、復活してきた力士。

会見では大輝が『やっとスタートライン』と言っていましたが、どちらもようやく上がってきた!という感じ。

来場所、十両での活躍を期待しています!

 

s_DSC04887

 

 

また、今回、幕下全勝優勝を果たした、時津風部屋小柳

場所前に稽古見学をさせて頂きましたが、強いです!!

稽古を見ているだけでもワクワクしました。ぜひご注目ください。

 

 

次回は7月、名古屋場所!!

 

力士は、常にケガと背中合わせ。

今場所、幕内最年長の安美錦関アキレス腱断裂という大怪我…。

一方で、大怪我から復活してきた力士が今場所は大活躍しました。

今夏場所、初の技能賞受賞の栃ノ心関十両優勝の千代の国関

 

s_DSC05058

▲栃ノ心関

 

共にケガで番付を大きく落としましたが、この地位まで戻ってきました。

安美錦関なら必ず彼らのように復活してくれると信じています。

一日も早いご回復をお祈り申し上げます。。。

 

さて次回は7月場所!名古屋です。

番付発表は6月27日。

7月10日が初日!

 

 

また名古屋でお会いしましょう☆☆

 

 

s_DSC05561

 

s_DSC05777_1

2016年☆大相撲夏場所のふりかえり!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です